猫ごはんと5匹のギャング

愛猫の死&病気がきっかけで手作り食を開始。 毎日5匹の猫ごはんを作っています♪

親父街道まっしぐら。 

 



 ちびっ子ギャング3匹のうち、オスは2匹。

 1匹は夏とマロンの子=天空(そら)。
2017-8-21-1
 

 そしてもう1匹が夏とマロンの孫=時空(とき)。
2017-8-21-2
 誕生日はたった1日違い。
 それでも人間ならば年下の叔父と、年上の甥っちゅ~間柄。

 しかし、血のつながりはあるけれど・・・似ても似つかぬこの2匹。

 いや、似ているところもあるような?
2017-8-21-2



2017-8-21-3
 もうすぐ生後3ヵ月。親父街道まっしぐら! オイ。枕返せ。( ̄‥ ̄)


ギャング共々、応援宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。


category:

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

か~ちゃん家

再びファミリーが
結成されましたね( ̄▽ ̄)

前回は、ご丁寧なコメントのお返事
ありがとうございました。

ざくっと読ませて頂きまして
ひとつ思ったこと…

会長は身をもって教えてくれた
みんにゃのためにも
このままの食生活じゃいけない
みんにゃダメになるって。

会長が元気なころから
手作りしてたら…
と悔やむ気持ちは痛いほどわかります。

でも、それがあったから…


うちには重篤な病を持つコはいませんが
手作りに変えてから
大なり小なり変化があるのは確かです。

それを元気なうちから始められたこと
本当にありがたいと思います。

きっかけは膀胱炎でしたが
再発していませんし。

最近、思うのですが…

原因不明とされている猫の病気
フードが原因と思えてならないのです。

膀胱炎も然り
歯肉炎などの口内トラブル

50年前まではなかった、と
証言する獣医さんが少なくないそうです。

フードやワクチンの普及とともに
多く見られるようになったらしいですよ。


先日、食育二級を受講してきました
フードの講座も。

結局、フードの基準って
総合栄養食だのAAFCOだの
ヒトの利益のために
ヒトが作ったもので

ネコのためなんかじゃない!

なんかねー
大声で叫びたくなりましたよー

NHKジャックして
全国に拡散したくなりましたよー(爆)



さておき、

夏っちゃんクロさんと
なかよしだったんですね

嘘のようなホントの話ですけど

来るべくして来たコ
そう思えてならないのですよねー

会長のファミリーがあったように
今は、夏っちゃんのファミリー

年末年始の悲しみは
世代交代だったのかもしれませんね…

おじょろう。 #- | URL | 2017/08/26 17:32 | edit

Re: タイトルなし

おじょろうさん♪

こんばんは♪コメントありがとうございます。m(_ _)m

2007年から(土を触るのが大嫌いなので)水耕栽培で野菜を
作り始め、それからずっと水耕栽培のブログをやっていたのですが
野菜づくりの面白さにどっぷりはまってしまい・・・

結局、土を触るのが嫌いなくせに、畑まで借りて野菜を作り始めました。
だけど、会長の死をきっかけに猫の手作りごはんを作り始め、その中で
野菜も自分で作ったものを食べさせたい!・・・いつしかそう思うように。

で、ちょうど会長を失った悲しみにもがいている頃、たまたま
目にした新胡さんのブログ=キャットショップさくらさのブログで
生後1年にもならないマロンの姿を見て、物凄く癒されたんです。

新胡さんとはその時からブログで交流を持たせて頂くようになりました。
だけど、そのときマロンはすでにさくらさんちの飼い猫になってまして。(苦笑)
絶対にマロンは手放さないと当時、新胡さんはブログに書かれておりました。

なので、ブログでマロンの写真がアップされるたびに「マロン君だぁ~♪」
なんて・・・そんなコメントをしていた私。

それが・・・一昨年の大晦日、新胡さんからお電話を頂戴し、奥様が
急な病で危篤状態という・・・大変な状況になられ、何匹かの猫ちゃんを
手放さざるを得ないということで・・・。

その中で、マロンだけはどうしても「か~ちゃんさんに」とおっしゃって下さって。

その頃まだうちにはボンとクロのオス2匹がいましたからねぇ。
去勢はしていても、マロンは去勢してないし・・・大丈夫だろうか・・・?と
心配しつつ正月2日に新胡さんちからマロンを迎えたのですが
結局、威嚇のひとつもなく、喧嘩もなく・・・アッという間に仲良しに。

今思えば、おじょろうさんのおっしゃる通り、夏もマロンも
「来るべくして来たコ」なのかもしれません。

マロンの場合は新胡さんの奥様の大病という、大変な事情があってのこと
ですが、マロンを迎えていなければ、今頃、夏は独りぼっちになってたわけで
「夏ファミリー」は存在しなかったんですよね。


今は夏とマロンの子、そして孫まで我が家にいて・・・
亡きギャングどもが、夏がひとりぼっちにならないよう、私が寂しがらないよう
縁を結んでくれたのかもしれません。


あ・・・なんか長々とすみません。


人間にしても猫にしても昔と今では食べるものも大きく変化して
昔では考えられない病気も増えていると思います。

ホント、いろいろと考えさせられますよね・・・。

か~ちゃん #- | URL | 2017/08/26 23:38 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top