猫ごはんと5匹のギャング

2匹の闘病猫と能天気な猫3匹。

亡き会長の誕生日。 

 



 今日、7月10日は愛してやまない亡き会長の誕生日。
 生きていたら・・・お!24歳!
2017-7-10-1
 (2011年2月27日撮影)

 会長が亡くなって丸5年が過ぎ・・・会長の死と会長の娘=社長の
 ガン宣告をきっかけに始めた手作り食もすでに5年以上。

 この会長がいなければ、私の猫人生はなかっただろうし、こんなにも今
 仔猫たちに囲まれていることもなかっただろう。

 会長が私の手元にやってきた24年前は、今ほどペットの「食」に関しての
 情報はなく、ましてパソコンなんて各家庭に普及すらしていない時代。

 だけど、今はいろんな情報が飛び交い、それが嘘か真実かさえ疑わしい時代。
 
 猫でも犬でもそうですが、人間と同居している動物はごはんを自分で
 選ぶことができない。その子の命は飼い主が握っているということを
 常に飼い主は自覚をもって愛する我が子を生涯、育てていくわけで。

 だけど、今の世の中、キャットフードひとつとっても、いろんな種類がありすぎて
 どれが良いとか悪いとか・・・一概には言えないけれど、私が手作り食を作る
 理由はただひとつ。100%信用できるキャットフードがないから。

 ネットなどを見ていると、キャットフードのランキングなんかも沢山あるけれど
 誰がどのようにしてランキングを決めているのかもわからない。
 あくまでも目安として、最終的には飼い主の判断でフードを選ぶしかないのです。
 
 私はどんなに有名なメーカーのキャットフードでも製造工程を見たことがない。
 実際、どんな材料を使って作っているのか?フードの袋に成分表は表示されて
 いるけれど、過去(2006年~2007年)には、あの有名なペットフードの 
 大量リコール事件
などもあり・・・今となっては手作り食しか考えられない私。

 ちなみにペットフードのリコール問題は意外と多いです。
 一度検索してみると良いかも。

 ・・・とはいえ、私もキャットフードを全く与えないわけではありません。
 キャットフードを否定するつもりもありません。

 ただ・・・愛する我が子を守ってあげられるのは自分なんだという自覚のみ。

 ん・・・偉そうなことを言っても、病気で急逝させてしまった我が子もいるので
 守ってあげられなかった「命」もあるのだけれど、だからこそ今、私の手元に
 いる子たちは何がなんでも最期は「老衰」で見送ってあげたい-
 守ってあげられなかった天国のギャングたちのためにも・・・そう思っています。

 ・・・なんだか今日は真面目な?お話になってしまいましたが・・・

 愛する我が子のため、そして亡き会長の誕生日をお祝いするために
 これから猫ごはんの材料調達に買い物へ行ってまいります♪でへ。


ギャング共々、応援宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。


category:

tb: --   cm: 3

△top

コメント

 

すごく納得ですよ( ̄▽ ̄)

手作りごはんを始める猫飼いさんって
導入パターンはそれぞれでも
目的は同じだと思います。

キャットフードで病気になっても
手作りまんまで具合が悪くなっても
飼主責任ですもん。

猫は与えられたものを食べるだけ
だから、ちゃんと信頼できるものを。

それを求めた結果
手作りごはんになったってだけ。


さて、今夜はどんなご馳走かしらん?

おじょろう。 #- | URL | 2017/07/10 17:38 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2017/07/12 10:36 | edit

Re: タイトルなし

おじょろうさん♪

コメントありがとうございます。

手作りごはん、頑張っておられるようですね~♪

飼い猫がみんな手作り食を食べるようになって
台所で猫の行列ができるようになると、ホント作り甲斐が
あるんですよね。

我が家も早く「猫食堂」復活できないかな・・・。
なんせ今は大人の猫が2匹だけなので
猫食堂ではなく「猫屋台」。

頑張って猫食堂を復活させて、また猫ごはんの写真を
アップしていきたい・・・と・・・思う今日この頃。(笑)

か~ちゃん #- | URL | 2017/07/14 11:22 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top