猫ごはんと5匹のギャング

2匹の闘病猫と能天気な猫3匹。

2月も終わり。 

 



 今日で2月も終わり。

 今月はクロの月命日(31日)がないので・・・
 ってか31日がない月って結構あるし。

 だけどクロが虹の橋を渡り1ヵ月か・・・。早いような遅いような。

 ただ、年末から年始にかけてバタバタと3匹のギャングを見送り
 それなりに気づいたことがあった。

 まず、ひとつは外から帰ると部屋が段ボールの切れ端だらけに
 なっていないこと。今までは部屋を開けると紙屑だらけ。

 下の写真に写っているのはクロだけど↓ 
2017-2-28-1
 (2009年12月23日撮影=元の記事はこちら。)

 ギャングどもが1匹1匹と虹の橋を渡り・・・今では外から帰っても
 紙屑はもちろんのこと、トイレの砂さえ飛び散っていない。

 いや、誤解があっては他のギャングどもが可哀想なので
 正確にいうと、ボン が亡くなってから紙屑もトイレ砂も
 散乱することはなくなった。

 なので、部屋に帰っても、出て行ったときとほとんど変化がない我が家。
 もちろんそれが普通なんだろうけど、我が家では変化がないなんてこと
 奇跡に近い状態・・・だった。

 それでも、ただ一つだけ変わらないこともある。

 それはタンスの引き出しが出ていること。

 もともと、タンスの引き出しを引っ張り、引き出しをベッド代わりに
 し始めたのは・・・いうまでもなくボン。詳細はこちら

 それを見ていた鼻黒ギャング=夏が (2015-5-11撮影)
2015-5-11-2
 その技を取得し


 さらに短足ギャング=マロンまでもが
2016-2-14-2
 短い足で引き出しを開けるようになった。

 おかげでタンスは引っかき傷だらけ。

 ただ、ボンは大きな猫だったので下から4段目or3段目の引き出し。
 夏は下から3段目or2段目。マロンは短足なのでもっぱら下から
 2段目の引き出しを愛用。

 いや、愛用なんてしてほしくないんだけど、こういう状態なので
 ボンが亡くなってからも引き出しだけは私がちゃんと閉めて
 出て行っても、帰宅すると必ず半分は引き出されている。
 
 ペットを飼っていると外出前と帰宅後の部屋の変化って多少はあると
 思うのですが、ボンがいなくなった途端に部屋の変化がほとんど
 なくなった我が家って・・・

 犯人はヤツ1匹だったのか!?と改めて知った衝撃の事実。

 あとはトイレットペーパーとギャングどものトイレシーツの
 減り具合が一気に激減。

 我が家、ティッシュの箱を置くと、ことごとく中身を引っ張り出され
 箱もボロボロにされるので、長年、ティッシュペーパーを置かず
 トイレットペーパーを使っていました。

 まぁ・・・そのトイレットペーパーもボロボロにされてましたがね。
2017-2-19-1


 クロが猫エイズを発症してからはヨダレや涙目がひどく、その都度
 トイレットペーパーでポトポトと落ちたヨダレを拭いたり、クロの口元や
 目元を拭いてやったり。

 だけど今ではトイレットペーパーなんて、それこそ人間のトイレでしか
 使わないので、ほとんど減らない。・・・ってか、この使用量が普通
 なのかと改めて実感。

 ギャングのトイレシーツも2匹だと、こんなものなのね・・・と。
 ん・・・そんなことを言いだすと猫ごはんを作る量も今までの半分以下。

 鼻黒ギャング=夏も、短足ギャング=マロンも元気よく走り回っては
 いるんだけど、ボンほどの悪戯はしないので・・・どんだけボンが
 ヤンチャだったのかと・・・思い出すとおかしくもあり寂しくもあり。

 来月13日は亡きボン=17回目の誕生日。
 ボン!・・・おめぇの存在感はデカすぎたよ!
 ・・・と、文句のひとつも言いたいか~ちゃんなのでした。


ギャング共々、応援宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。


category:

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

虹の橋の向こうの国にも定期的に配達されているであろうか〜ちゃんさんの記事を読んで、へへへと笑っているボンちゃんが思い浮かびました♪

yoyo #- | URL | 2017/02/28 21:56 | edit

Re: タイトルなし

yoyoさん

コメント、ありがとうございます。m(_ _)m

>へへへと笑っているボンちゃんが思い浮かびました♪

・・・ボン・・・笑ってくれてるでしょうか・・・(´_`。)
ボンは病気ひとつすることなく、亡くなる二日前まで
元気いっぱいでした。

ボンのしんどそうな顔・姿を亡くなる寸前まで全く見たことが
なかった私は未だにボンのあの日の顔が脳裏から離れず
どうしてもボンの最期の様子をブログに書くことが出来ません。

最後に見た顔が本当にしんどそうな顔だったので
あちらの国で、思いっきり笑ってくれていたら・・・

ホント、笑っていてほしい・・・そう願うばかりです。

か~ちゃん #- | URL | 2017/03/02 22:12 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top