猫ごはんと5匹のギャング

愛猫の死&病気がきっかけで手作り食を開始。 毎日5匹の猫ごはんを作っています♪

亡き会長の命日。 

 



 今日は・・・愛してやまない会長の4回目の命日です。
2016-2-23-1
 (2009年撮影/在りし日の会長)

 当時のブログ記事にリンクを貼ると、涙が止まらないのでリンクは貼りません。

 亡くなった理由は悪性腫瘍=いわゆるガン。腎臓・肝臓の数値も悪く、
 高齢だったために手術するにもリスクが高く、手術すればかえって寿命を
 縮める結果になるかもしれないと言われ・・・

 結局、何もしてあげることも出来ず、18歳7か月で天に召されました。

 そして会長が亡くなったと同時に社長(会長の娘)が、会長と同じ悪性腫瘍と
 診断されました。このままだと余命1年くらいだろうと。

 会長を失った悲しみの大きさ、そして社長をも失うかもしれないという恐怖。
 会長を失った悲しみに輪をかけるような社長のガン宣告は、私にとって
 あまりにも大きく、辛い出来事でした。

 だけど、このまま獣医さんのいうとおり薬物治療だけで良いものか?
 私にできることは他にないのだろうか?会長のようにガリガリに
 やせ細った姿で天に召されるのをただ、待つだけ?

 あの頃の私はそればかり考えておりました。
 そして始めたのが薬物治療ではなく手作り食。病院通いそのものも
 ストレスになると思い、病院通いをやめての一か八かの選択でした。

 ちなみに。獣医さんが悪いとかそういうことではありません。
 ただ、病院通い以外の選択肢がないものかと、長年お世話になった
 動物病院以外の(腫瘍に詳しい)病院を探し出し、足を運んだのです。

 そして、そこで話にあがったのが「手作り食」という言葉だったのです。
 
 あれから4年-

 余命1年の宣告を受けた社長は
2016-2-23-2
 今日もブログ更新をしている私の邪魔をしております。

 そして来月には20歳の誕生日を迎えます♪

 今思うのは、嫌がる社長を週2回も病院に連れて行き、朝・晩、薬を飲ませ
 薬漬けにしなくて良かったなぁ・・・と。恐らくそんなことを続けていたら
 社長はストレスでもうこの世にはいなかっただろうと。

 今現在、人間年齢でいえば100歳くらいの社長。猫の平均寿命を
 考えると・・・正直、いつ天に召されるかわかりません。
 
 だからこそ、私の手元にいる間は愛情たっぷり?の手作り食を
2016-2-23-3
 ・・・と思っています。(こちら本日の猫ごはん。)

 我が家の週末恒例=作り置きごはんを仕込んだので、ささみをボイルし
 混ぜ合わせました。我が家ではお馴染みの?猫ごはんです。
 (詳細は猫の手作りごはんにて)

 手作り食に切り替えた当初、手作り食を最後まで拒んだボンも
2016-2-23-3
 今ではこのとおり。      かぼちゃんLOVE♪



 猫エイズで闘病中のクロも、今日はさっさとごはんを平らげ
2016-2-23-4
 さくらママから頂いた「爪とぎ」の中でお昼寝中。

 爪とぎの中でゴロゴロするもんだからホコリだらけだし。(^▽^;)
 それにしてもまぁ、見事にスッポリと収まってるもんだ。

 みんな長生きしてよね♪・・・と、それだけを願い、今日もせっせと
 猫ごはんを作る(猫の)か~ちゃんなのでありました。(=^・^=)


ギャング共々、応援宜しくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 食事・栄養へ
↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加しています。


category: 猫ごはん

tb: --   cm: 4

△top

コメント

 

か~ちゃんさん、こんにちは

早いもので会長さんの4回忌なんですね。今頃何してらっしゃるのでしょうか?ひとつ確かなのは、ずっとか~ちゃんさんと社長をはじめとする猫ちゃんたちを見守ってくれているということ。

このブログを訪れてくれる人も、会長のがんばりを覚えていてくれると思います。私も自分の家の猫に最後の最後まで生き抜く姿を教えてもらいました。

私は新しい猫をお迎えできないままですが、か~ちゃんさんはマロンちゃんをお迎えされて、ますますにぎやかで、本当によかったですね。マロンちゃんすごくかわいい!(ごはん催促の時の顔が時々こわい)

愛情のこもった手作りごはんを食べて、社長も1日でも長くか~ちゃんさんの側にいられますように。。
か~ちゃんさんも、ご無理なさらないように。
春はもうすぐ、そこまで。種まきがんばりましょうね。

さあら #- | URL | 2016/02/23 12:50 | edit

Re: タイトルなし

さあらさん♪

ご無沙汰しております。

さあらさんにはずっと我が家のギャングどもを見守って頂き
また心温まるコメントをいつもここぞというときに頂戴し・・・
感謝してもしきれない私です。

あれから4年。いえ、さあらさんにはその何年も前から
ブログを見ていただいて・・・本当にありがとうございます。

さあらさん同様に、私も小さな体で頑張った会長から
生き抜く力を教えてもらいました。

そして、姿は見えなくとも、いつも近くにいてくれる-
そう思い続けた4年でもありました。

今では再び5匹のギャングとなった我が家ですが
あちらの世界では会長とボンママが楽しく?追っかけあいでも
しながら過ごしていることと思います。

さあらさんもお体、ご自愛頂き・・・お互い
心も体も暖かい春を迎えましょうね~♪

いつも本当に心温まるコメントをありがとうございます。

か~ちゃん #- | URL | 2016/02/23 15:37 | edit

v-22一つの命を失った悲しみと、そこから学んだことを生かしての手作り食・・・・素晴らしい成果が出ていることと思います

人間でさえ辛い治療を受けたほうが良いのか、という選択を考えてしまうのですが、物言わぬ子たちならなおさらのこと
何が何やらわからないまま辛い治療をするのは、やはり悩んでしまいます
我が家の先代チワワも、悩んでいるなか、ある朝の突然死で幕を閉じました
でもそれが本犬?の選んだ道だったと信じています

食の大切さ,解っていてもなかなかきちんとできないのですがこちらに遊びに来るたび、考えさせられます

会長も一緒に味わっていますよね
そしてみんなを見守っているんだな、とも感じます

それにしてもみんなたくましい!




葉っぱ #yDt/5Vf6 | URL | 2016/03/03 07:47 | edit

Re: タイトルなし

葉っぱさん♪

コメントありがとうございます♪

会長が亡くなって・・・4年が過ぎました。
手作り食を始めた当初は、本当にこれでいいのか?
病院通いをやめてまで・・・手作り食に切り替える
メリットはあるのか?

などなど、いろいろ葛藤する部分がありました。
が・・・今になってようやく、これで良かったんだと、
自分の選択に間違いはなかったんだと思えるように
なりました。

葉っぱさん家の先代チワワンもある朝の突然死-
それも葉っぱさんのおっしゃるとおり、チワワン自身が
選んだ道だったんだと私もそう思います。

ん・・・我が家の場合はボンママがそうなのかも。
手作り食をいつも通りたらふく食べて、アッという間に
急ぎ足で天に召されました。

今頃は会長&ボンママが「納豆」の取り合いを
していると思います。(笑)

か~ちゃん #- | URL | 2016/03/04 13:33 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top